どうぞ私を生贄に。

どうぞ私を光のために使ってください。

生贄に、なんて思ってないと思うけれど、
結果的にそうなったのなら、

それは光にしないと私たちは命を後悔することになるんだって、言われてる。