これが新年の抱負です。ほんとうの。

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

決まり切った挨拶はキライだった。

小学生の頃くらいからだろうか、なぜだかわからないけれど反発したくてしたくて、おじいちゃんちに行ったときなんか、正座して頭を床につけるくらい、あ、それって土下座か、みたいなことしないといけなかったから、ものすごくイヤだった。

校則も就業規則も理由もなく、制限されるものに対しては反発心を持っていた。

だけど、今はちがう。

結婚したら、土下座まがいは強要されないから、もっと挨拶した方がいいんじゃないの、自宅に帰ったらちゃんとお礼のメールを入れるくらいはしないとね、とやってたら、義理のお母さんから「あみさんは、ちゃんとしていてエライね」と言われていたそうだ。

そ、そうか。振り切れてたから、それを元に戻したら普通になりつつ、すこしだけいい感じになったってことか。あ、ありがとう、おじいちゃん。え、そうなっちゃうの。なんか、違う気がするし、もっと別のまとめ方をしたかったのだけど、私は結局、ちゃんとしたいのかしたくないのか、だけど、自分がちゃんとされないと気になるから、やっぱりちゃんとした方がいいんだろうな。

じゃあ、あの頃の反発心は何なんだろう。

ま、いいか、そこまで考えるのはもうやめにしたんだ。

地下にあるもの、それはたいがい宝だと思いたい。

 

メルマガ登録の方には、このつづきをラブレターしています。よろしければ下記リンクよりご登録ください。お待ちしております。

カリスマライター森中あみ

 

********************

はてなブログ・アメブロでご覧の方へ。この記事はカリスマライター森中あみオフィシャルホームページからの引用です。

オフィシャルホームページは「森中あみ」で検索→ページトップ「いつだって人生は物語」をクリックすると、ご覧いただけます。よろしければ、ブックマークなどして、たまに遊びにきてもらえるとうれしいです。ここは、わたしの家で、友人や知り合いがたまに息抜きにくる場所なのです。

TwitterやFacebook、メールマガジン「ラブレター」では常にブログ更新のお知らせをしていますので、もっと私のことを知ってくださる方は、フォロー歓迎しています。