2019年1月5日

朝起きると腰が痛くて、足の裏も痛くて、マッサージに行きたいと思った。夫に伝えたらいいよとのことで、じゃあ明日にしようかなと午前の予約を入れたら担当の人がお休みで、じゃあ今日なら……と夕方17時30分にオイルマッサージとリフレクソロジー80分の予約を入れた。

それまでだらだらテレビを見て、15時の昼寝から起きない娘を夫に任せて家を出た。外の風は気持ちよく、家をでればカチッとスイッチが入る自分を感じた。

担当の人に「休憩は取れました?」と聞くと、いえ、そんな制度はなくお客様を対応した分だけ給料になるのだと聞き、正月休みの夕方に予約をいれた罪悪感がなくなった。

足ツボは寝不足と腸の疲れがはっきりでてた。気づけば左足の途中で寝ていて、もったいなかった。日光への道中で娘を抱っこしていたからか、背中と腰が痛いと伝えて、いつもよりそこを多めにもんでもらった。

必然的にスマホと視界をなくした状態で目を閉じる。体の細部に意識をうつす。いつも通り、すべてツボにハマる完ぺきなマッサージは終わった。心地よい開放感と淋しさを感じながら、体をいつもこんなリラックス状態に持っていきたいと率直に思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です