フツーがmiracle

男の子かな、女の子かな。

あ、いま動いた。

こんな気持ちや会話ができるのも、フツーの幸せなのかな。

遠くから眺めていた、憧れの人がフツーの幸せを求めて離婚すると知って、力が抜けた。

なんだ、私、持ってるやん。

結婚相手の子ども、フツーよりちょっとかわいくて、賢い娘、仕事、正社員、ボーナス、夏の旅行、美味しいごはん、気遣いのある親戚、なんの問題もなく、育まれている命。

なんの問題もない。

そんなことに気づかなかった、気付こうとしなかったのは、当たり前だから。フツーが普通だから、普通がダメな風潮に乗っかってダメ出しをしていた。その方がかっこいいから。

自らの手にあるものを見て、ないものを感じる。

男女のきょうだいがフツーだったから、次の子の性別をこんなにも気にするなんて、ね。「なんでだろう、健康に生まれてくること、授かったことだけでしあわせなはずだったのに」

主人の答えは、

「ないものねだりでしょ」

そうね、人はそうね。動物はちがうのかな。

ないものねだりを否定しないことにする。もう、これは本能なの。仕方のないことなの。人はそうやって、できている。

欲望を押し込めずに、気づいたら空に投げる。願う、とも言うね。そんな重くないよ、人の欲は。

ない、できない、ダメとなかったことにしようとするから重くなる。逆にね。

両手をあげてアピールすることでもないけれど、あなたが今、持っているものは当たり前だから、フツーだから、それをじわっと感じていたら、それが幸せなんだ。