自分が好きすぎることを認める。

あしたは娘の2歳の誕生日です。私が4年前にブログを書き始めたとき、日々の記録を残したいっていうのがなんとなくあって。

その2年後に娘が生まれて、子育ての気持ちを残しておきたいとも思った。

今は、お母さんは人生を楽しんでいるよって、いつか娘に伝わったらいいなと思いながら生きてる。

今日、ダンスチームの本番前の最後の練習が名古屋であった。踊る目的で集まった9人だけど、人生のテーマを共有してるというか、

ダンスの前に、まだ出会って2、3回しか会ったことのない人たちだから、なんとなしに身の上話みたいなのになって。

じゃあ話そうって身構えるわけでもないのに、真剣に聞くし、話すしで、もうダンスいいんじゃないかって思うけれど、やっぱりダンスも完成させたいしで。

「っていうかさ、はやく仕事辞めてくれない? 私、毎日ヒマなんですけど!」ってヘシルが言って、ですよねーって言いながら、ニヤケてた。

だってさ、そんなセリフをさ、マジで言ってくるんだよ。はやく仕事やめて、いっしょに遊ぼうなんて、フツー言わんよね?

フツーってなんだ? は、ダンスチームアオハルのサブテーマでもあって、フツーはふざけてクラウドファンディング なんてしないとか、フツーはわけのわからないダンス大会なんてでないとか、フツーはもっと念入りに準備するとかなんだけど、そんなのは知らんのです。

それよりも、なんかおもろそうな方にいきたいのです。フツーじゃないと言われることが、心の奥でガッツポーズだったりするのです。

それでもね、旦那さんに着ていく服のことでイヤミ言われたり、子どもに不自由させたくなくて睡眠時間削って働いたり、嫌いをキライって言ってしまったあとにいい人になりたくて反省したり、コンプレックスがおびやかされたとたんにフツーになろうとがんばる。

自分で自分がわけわからんことになるよね。仕方ない。人間だもの。今日ね、それに気づいた。人のことはよぉくわかる。だから、旦那さんに聞いてみた。私のそーゆーところ教えて。何? って。

そしたらね、そうだなぁ。プライドが高いとこかなって。はーい、ズボシー。きたよー。そうなんだ。なんでなんだろ。なんでプライドあるの? 誰か教えて。

だから、今日は新月だしさ。わけのわからんプライドのために夢を夢のままフワフワさせてる私を認めるよ。その上で、自分が大好きだよ。

だから、みんなもがんばりすぎてしまったり、どうしたらいいかわからなくなったときは、何か自分に隠しごとがないか、聞いてみるといいよ。

隠しごとっていうのは、コンプレックスにダメ出しをして、なかったことにしたくて、コンプレックスなんてない自分になりたくて、がんばってることね。

直さなくていいんだと思う。それが私だから。で、いいんだと思う。This is me は、I love meだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です