アゲまんかもしれない、2019年冬。

「あげまん」という響きが流行ったのって、もう10年くらい前なんだろうか。あやまんJAPANとかいたよね。なんか卑猥でキライだった。下品な感じ、するでしょ? 「ね、そう思うでしょ!!!!」と強く誰かに言いたかった。でも、けっして言えなかった。

だって、私、お金大好きだから。お金が欲しいって思ってるくせに、お金を稼ぐことに罪悪感を感じていたから。それに気づこうとしていなかったから。

だけどね、やっぱお金なんだよ。目に見えない愛を探したって、見つからないし、お金で愛を感じられるって、こんなに手っ取り早いことはないし、それで愛が復活することだってある。愛があるからお金があるんじゃなくて、お金があるから、そこに愛が生まれるんだと思う。

どうしようもなく、悲しい話をしているんだろうか、私は。でも、今日、それを痛烈に感じてしまった。夫が私がずっと乗りたかった、あの車を買ってしまったから。

 

つづきはメルマガに書きました♡

気になる方はメールマガジンラブレター(⋈◍>◡<◍)。✧♡にご登録いただくか、有料noteでも公開していますのでご購入ください。

【動画】欲望のままに。メルマガお申し込みありがとうございます。

今日の記事は、note稼いで愛してくれる夫を手に入れた(婚活・恋愛論)愛言葉は共にマガジンに掲載します!

 

***************************************************

あなたの過去・現在・未来を言葉にする「毒だしエッセイ」へのお申込み・お問い合わせはトップページからどうぞ!

子育て論:「子どもはひとりでいいよね」娘が産まれて2週間。母が私に言った。

夫婦論:わたしのプライドをはじき飛ばしたのは、気弱なベイマックスだった

ありのまま論:ありのままの自分なんて、いない。そろそろ、目を覚まそうと思う。

 

AMIDA