地下にあるもの、それはたいがい宝だと思いたい。

(昨日はダメだったな。更新できず。だから、こうやって昼に昨日の夜を取り戻すために書く)

時間があれば、ページをめくりたいこの本のフレーズは、私を確立してくれる。

「言葉を自分にくぐらす」

毒出しエッセイも、そうなんだ。目の前の人の体験が自分の中を通る。それが私からでて文字になる。イタコみたいに。

作家は、多くの人と共鳴できる言葉にできる人のこと。地下に潜ることと、小説を書くことと、物語を作ることはおなじ。

 

********************

はてなブログ・アメブロでご覧の方へ。この記事はカリスマライター森中あみオフィシャルホームページからの引用です。

オフィシャルホームページは「森中あみ」で検索→ページトップ「いつだって人生は物語」をクリックすると、ご覧いただけます。よろしければ、ブックマークなどして、たまに遊びにきてもらえるとうれしいです。ここは、わたしの家で、友人や知り合いがたまに息抜きにくる場所なのです。

TwitterやFacebook、メールマガジン「ラブレター」では常にブログ更新のお知らせをしていますので、もっと私のことを知ってくださる方は、フォロー歓迎しています。