いい人、やめると宣言した日。

なんだかなぁ、なんだかなぁ。

先輩とか年上とか、親とかの言うことって、なんで聞かなきゃいけないって思っちゃうんだろね。

いい人でいることを、どうして自分の使命のように感じちゃうんだろうね。それはさ、やっぱり期待だよね。

いい人でいれば、優しくしてもらえるし、逆に悪い人は給料下げられるかもしれないし、嫌われて孤立したら生きていけないってDNAが組み込まれてるもんね。

でもさ、期待したものが得られなかったとき、ほんとがっくりくるのさ。それこそ、自作自演でさ。昨日、なんだかなぁって思うことがあって、それは「いい人」でいた見返りがこなかったから湧いたザンネンな気持ち。

最初から「いい人」やめてれば、「そんなもんか」って思えたのよね。無理してがんばるとか、努力するってのも同じだよね。

今朝、なんだかなぁの気持ちでFacebook開いたら、去年の今日もおんなじこと思ってたみたいで。あ、成長ないなって笑えつつ、去年の自分にカツを入れてもらったから、今日は宣言するわ。

「いい人、やめてみる」

つまり、こう思われたいを捨てて、欲望を勝たせてみる。期待しない。ちょっと力んじゃってるけど、人に宣言したのは初めてだから。

やってみるね。

カリスマライター森中あみの過去を吐き出して光に変える毒出しエッセイのお申し込みはこちらから

 

 

メルマガやYouTubeもぜひ、ご覧あそばせ〜