メニーメニーコミュニケーション2018森中家の抱負

年末に大きな失敗をしてしまいました。正確にはもっと前に失敗していたのですが、気づいたのがド年末で、もうどにもならないタイミングになった瞬間でした。その日の夕方ならまだ電話もつながるのに、どうして深夜になって、手帳のそれが書いてあるページを開いたのか……。

ほんとに不思議です。どうしようもなくなってすぐに、どうしようもないことに気づくって。誰かに気付かされたとしか思えない。でも、気付かされた意味がわからない。だって、どうしようもないんだもん。アーーア。

こんなにも後味の悪い年末ははじめてでした。テレビをつけている時だけは忘れられるけど油断したら、そのことを思い出して落ち込む。新年になれば、気持ちも新たになるかと思ったけれど、そうでもない。

年が明けても、旦那さんが仕事にでかけて、いつも通りになっても、この現実から逃げ続けたくてテレビばかり付けていました。2日連続、外にもでず、テレビも見飽きた頃にやっと、重い腰をあげ、それが入っている扉を開きました。すると、また逃げ腰の私は横に置いてあった占い本を手に取ります。

2018年はいい年だと書いてあったのに、ぜんぜんそんなことないじゃないか、所詮占いかよ、と腐った気持ちでページをめくる。もう何度も読んだところ。

当たり前だけど、大失敗の前と同じ事がそこには書いてあって、2018年はものすごく運がいいとあった。同じものを読んでいるのに、気持ちが違うと感じ方も違う。運なんてよくないよ、そう思いながら読み進めていくと、こうあった。「それを感じられないのは、日々の感謝と幸せを感じる心が足りないのかもしれない」

そうなのか? と記憶を失敗に気づいたあの日に戻す。その夜、まっさきに事の顛末を話したのは忘年会から帰ってきた旦那さん。どういうこと、なぜそんなことに、しかも今…? いろんな感情が酔いといっしょに頭の中をグルグルまわって、旦那さんからでてきた言葉は「え……」だった。

ですよね。予想通りの反応。申し訳ありませんと言えない私はこれまでにないポジティブさで、「なんとかなる気がする!」と寝ている娘の横で大きな声を出す。「そうか……それならいいけど」と小さな声の旦那さんはそれ以上は言いませんでした。

森中家には年が明けてすぐにやる行事があって、冷蔵庫に貼ってあるホワイトボードに新年の抱負を書くこと。3年前にたまたまやってみたところ、なんとその願いが叶って、その年の10月に娘が生まれたのでした。奇跡のホワイトボードと名付けられたそれは本来の使い方とはちがって、一年のはじめに書いたものを消すことなくずっとおいておくものになった。

だからこそ、書く内容はとっても重要。家族全体に関わることだから。去年は張り切ってスルスル書いていた旦那さんですが、今年は12時近くになると「何書こうかなー」と私に意見を求めてきました。新年になればでてくるよ、と言ったけれどいっこうにでてこず、一度寝てから翌朝にもちこすことにしました。私は年末の大失敗を引きずっているので、そこに口を出すことは怖くてできませんでした。もしかしたら、旦那さんにもうつっちゃったのかもしれません。

真っ白のホワイトボードのまま迎えた、森中家の元旦。お雑煮やおせちを食べたあと、よしと言って旦那さんが勢いよく何か書き始めました。その手に迷いはありませんでした。

智ちゃん第一!夫婦同士、many many communication.いつでも、どこでも我々familyはつながっています

カンペキ。私の大失敗には夫婦のコミュニケーション不足がありました。家と子どものことは私に任されていて、それ以外にも私は育休後の将来のこともいろいろ考えていました。自分で思ってる以上に追い込んでたのかもしれません。だから、旦那さんにたまに何か聞かれても、「大丈夫、大丈夫」と返していました。夫婦のコミュニケーションよりも、スマホばかり見ていた気がします。そして実際、大丈夫じゃなかった。

それを言っているのだと思います。私だけが悪いんじゃない、確認しない自分も悪かったと言ってました。「今、いちばん大切にしたいのは子どものこと」それなのに、そのためのコミュニケーションを二人でおろそかにしていた。

春になれば子どもと離れるし、旦那さんは仕事で、1日の大半は家族はバラバラの場所にいる。それでも家族のことを考えていようね、そんな意味なのかなと思っています。

重い腰を上げ、占い本にまた勇気付けられた私は関係各所に電話をかけまくりました。そこでなんとかなりそうだということが、さっきわかりました。旦那さんの抱負にもやっと気持ちが向けられるようになりました。

失敗は失敗だったけど、こうやってブログに書けるまで気持ちも回復しました。占い本に書いてあったように、「当たり前じゃない幸せ」に気づく一年が始まりました。今年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です