Happyちゃんへ。

私はね、これをずっとブックマークしてるよ。すべては一杯のコーヒーから

はじめてHappyちゃんを知ったのは今年の6月。はじめての産休があけて職場復帰して二ヶ月がたったころ、youtubeにhappyちゃんのワクワクの公式がでてきました。

その頃の私はフリーライターになりたいけれど会社をやめる自信がなくて、とりあえず仕事に復帰して、悶々としているのに表向きは笑顔でがんばるワーキングママでした。

その夜、隣で娘を寝かせて、明日も仕事ださぁ寝よう、その前にちょっとスマホいじり。そんな感じだったのに寝ることもよりも、なんだこれは⁈ わかんないけど、なんかすごい! って時間も考えずに勢いよくfacebookに投稿したのを覚えてます。

自由に表現したいくせにうまく書かないとダメだと思ってた私はfacebookに投稿するのもひさしぶりでした。でもあの時は唐突でもわけわかんなくてもいいから、なんかすごい! みんなにも見てほしい! っていう衝動だけで動いた。

まさか、それからたった4ヶ月後の10月に縄文祭のダンス甲子園にでて舞台裏でHappyちゃんと手を合わせたり、B’z級の舞台で下手くそなダンスを超絶笑顔で踊ったり、なのに画面いっぱいにクローズアップされて、メンバーと「ここ⁈」とか後で笑ったり、お金もらうの怖いこわいっていってたくせにクラウドファンディング 始めたり、気づいたら職場に行く前のスタバとその5分が一日の気分を決めてて、それが3日続いて、1週間、1ヶ月、半年が経って、私は今、会社の上司に向かって、

「私は出世したい! 一千万ほしい!」

「会社の広告塔がいない? 私の出番でしょ」とか、

「私の時給は私が決める、ていうか時給じゃなくて、私が欲しい金額を提示します」とか、

エライことを言うようになって、

10万円のCHANELを買ったり、グリーン車に乗ったり、平日は毎日800円以上のランチを食べてたら、生活費が足りなくなって旦那さんに30万借りたりしてるのに、

めちゃくちゃ楽しくて、後輩から「森中さんみたいになりたい」て言われることも、「そうでしょ、そうでしょ」それならあなたたちもやりなさいよ、て制限をかけずに自分を解放していたら、

なかったはずの口座からお金がでてきたり、取引先から東京に招待されたり、旦那さんがパチンコで勝って3万円おこづかいもらったり、ライターの仕事で満足のいく報酬をもらえたり、

さっきは社内のママランチ会で、「私は前にでます! 女だからじゃない、私だから」と宣言するなんてことになっています。

もちろん想像なんてしていなかったよ。

でも現実に起こった。

一杯のコーヒーから始まるエネルギーの法則だよね。

なんか、なんかさ、ほんとにありがとう。Happyちゃんに出会うために、きっとあの人に出会ったんだとか、旦那さんに会うために元カレに出会ったんだとか、この会社に入るためにこの大学に行ったんだとか、

私の人生には点と点が線でふとく長くつながることがほんとにほんとにたくさんあって、それはきっとみんなそうで、気づいていないだけで、気づけないように知らないうちに目隠しをしてしまっていて、それはめんどくさいとか、傷つきたくないとか、どうせとか、そんな言葉でカンタンに片付けられて、だけど、カラダの中心にある自分は気づいているからなんかモヤモヤしてイライラしてしまう。

そんな生き方しかできない、そうするしかない、だけど何か違うって思ってる人、私の周りにもみだまだいっぱいいるよ。

Happyちゃんはその人たちのこと否定しない、すべてにOKって言ってる。だけど、私は

何も成し遂げることはない、今は完全、私は神、ってhappyDJの瞑想でもいつもある、その言葉を信じられなくても唱えてふぅっと大きく深呼吸するだけで、その世界は現れるんだ、信じられなくしているのは誰でもなくあなたなんだ、だから信じられないけれど、あったらすごく素晴らしい世界を信じて創るのもあなたなんだ、文句や愚痴で終わる一日を過ごすために生まれてきたんじゃないはずでしょって言いたくて仕方がない。

ちがうよ、あなたのいたい場所はそんなところじゃないはずって、あえて否定したいよ。

今日ね、スタバのお気に入りのお姉さんにクリスマスカードもらったの。月曜日にこれでタンブラー買おうと思うよ。

そのタンブラーを見るたびに、今日Happyちゃんにメッセージしたこと、今の気持ちを思い出せる気がしてる。

まずはHappyちゃん、ありがとう。私、京都に住んでるんだけど26日は東京にいます。Happyちゃんの最後の日、また一緒にお祝いする現実を創造するよ、ありがとう。

ちょっとはやいけど、メリークリスマス。

梅田駅から特急に乗って動き出した電車の窓からピンクの大地が見えました。時刻は16時30分。きっと雲なんだけど、私にはニューソースに見えたよ。あたらしい大地、源。横に長く伸びる、その上を飛行機が右から左へゆっくり飛んでいきました。

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です