言葉の純度。

目に飛び込んでくる、他人の気持ちは、そのどれもが正なんだと思いがち。

だけどさ、純度120パーセントなんて無理でさ、あの人の顔、あの時の悲しみを押し込めて吐き出してる言葉なんてさ、正とは言いたくない。

だから、むやみに信じることは、私の純度をどんどん下げてしまうから、私から出る言葉に気を向けよう。

それが一番はやくて、太くて、私を取り戻す。

私の言葉の純度。

簡単なほうに逃げないで。

ツライけど、向き合って。

その先にすぐに見つかるから。

簡単に。