https://amimorinaka.com/chottogasugoi20181127

さっきの続きのつもりだったけど、最近のフシギな話するね。

イタリアがね、呼んでるの。

詳しくはfacebookに書いたんだけど、https://www.facebook.com/100007741096269/posts/2166393476962001/

それをね、こないだ東京までヘシルと新幹線に乗ってる間にまた話ししてね、ヘシルが「冷静と情熱のあいだ」の映画が好きだって、ジョバンニ先生が嫉妬で竹野内豊の絵を切り裂いたって話をしてた。そういえば、あの映画もイタリアが舞台だったよ、て言ってたの。

そうか、でも今は「ローマの休日」見たかったから、こないだの休みの日に見たよ。その間にね、仕事でテープ起こしを頼まれたから娘が寝た後、土曜の夜にやったの、すごく面白いお話でね、聞けて良かったって思ってた。その75分テープの最後にね、研究者さんが言った。とても謙虚な人でね、すごいことやってるのに全然自慢しない人でね、それでも後世に伝えられることがあるのならって質問されて、「実験は冷静さと情熱のあいだでやれ」って。

え、ここで? ここで冷静と情熱のあいだがでてくるのって。これはって思って、昨日、夕飯とお風呂の合間にAmazonプライム・ビデオで見始めたよ。

あとね、おとといね、寂光院に紅葉を見に言ったよ。名前が好きでね、駅のポスター見た夜に旦那さんに行きたいって伝えた。場所も何も知らずに連れていってもらったとこは京都の北のほう、北っていうのは地図でいうと上の方ね、それもかなり上の方だった。

山道を登ってたら旦那さんが「あとでグーグルマップ見てみ」って言って、結局自分では見ずに、ほらって見せられたそこは、京都の地図から外れたとこだった。「いちおう、ここも京都市なんやけどな、左京区」だって。

平清盛の娘、建礼門院さまが死ねずに捕まって、子どもだけ死んでしまって、28歳でたどり着いたここは尼寺だった。2000年に全焼してしまったけれど、中から3000体の仏様がでてきた。子どもを守れなかった建礼門院さまは、どう感じたんだろう。

女性のお寺だったんだなー、ちょうど友達の歌詞を書いてて、男と女、一人でも生きてけるの? みたいな強がりなやつ書いてたから、いいとこきたなーって思ってたの、

そしたらさ、それで終わりじゃなかったんだよね。

to be continued……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です