妊娠公表をためらうのはなぜだろう、と考えた。

妊娠しました。昨日(5月11日)わかりました。

先生に「予定日は2週間後にきてからね」と言われ、そうか、あと2週間しないと決まらないのか、だったら公表もそのあたりでいいよねと旦那さんとその時は納得した。

今朝になって母には伝えておこうと思い立ち、LINEしたら「まずはおめでとう」と返事がきて、「おめでとう」と言われることにフシギな気持ちになった。イヤだったわけじゃないよ。当たり前、ふつう、ありがたいことなのに、「あ、あぁ」となった自分がいた。照れ臭かったのかな?

夜になっておふろに一人で入っていたら、義理の両親にも伝えようと思って旦那さんに言ったら、そうやね、とすぐに電話をしていて、お義母さんが泣いていた。「こんないい話が聞けるなんて」と言ってくれて、いい話を隠そうとしていたのはなぜなんだろうと思ったんだ。

安定期に入ってから。

流産のリスクがなくなってから。

それでも100%ではないのに、それくらいなら公表しても大丈夫、これがタイミングなんだと思うのはなぜなんだろう。

子どもはもうここにいると先生にはっきり部屋を見せてもらって、診察室を開けた瞬間に「森中さんね、おめでとうございます」と言われたじゃないか。

仕事の相談をしたら、「あなたが望むならそうするし、会社にはもう伝えたほうがいいよ」と言われたじゃないか。もう生まれる、いや生きているんだよ。この子は。何を隠したい? 何を望んでる? どうしたい?

傷つきたくない。

失敗をさらしたくない。

傷を深くしたくない。

傷つく前提?

えーーーー

あんなに周りに妊娠したいと公言していて、いざそうなったら「安定期まで」と隠す? これは隠しているのか? なんなんだ?

ブログに書くこともためらった。昨日は、何も更新しなかった。

幸せすぎると書けなくなるなんて嘘。

何を隠す?

その問いばかりがぐるぐるまわる。

幸せすぎること?

思うようになりすぎていること?

そう、望めば叶ってきた。

結婚も、妊娠も、家も、車も、家族も、あとは仕事。

月収300万円を望んでる。おふろでおなかに宣言した。

「あなたが生まれるころには、お母さんは月収300万円になってるから」と。

これも未公開発表。ん? 言葉合ってる?

これを書いてると、後ろで旦那さんが「お義父さんにも、うちの親にもいいニュースって言われたなぁ」と同じことを言いだした。「そうなんよ、不思議な感覚なんやけど、なんやと思う?」と食い気味に聞いたけど、答えはなかった。

考えすぎか。

そうか、「もうある」から、すぐに言わなくてもいずれってこと?

ううん、違う。

納得できない。

だから、私はすぐに公表します。

「妊娠しました。昨日わかりました」

以上です!(ありがとうございます!)

あ、そうか、まだ確定していないことを言っちゃダメって思ってるんだ。妊娠はしたけど、ちゃんと生まれるかわからないから。

だけど、言葉にする事で私は夢を叶えてきたから、そうするね。

 

妊娠したよ。

めちゃくちゃうれしい。宇宙とつながるこの時間を大切にするよ、これからも。家族3人の時間も。ありがとう、みんな、ありがとう。