M ~愛すべき人がいて~ あゆの全歌詞にM氏の神言葉があった。

いやね、もうね。
まず読んで!

↓クリックしてね!!!

これ、松浦さんが撮ったんだって。

暴露本かと思いきや、互いの信頼のもとに発行された本だったとは。

ドラマの第一話と第二話を見終わって、即ポチリ。

そこから1時間で読み終えました。

ドラマを見ていたほうが、よりリアルかも。

主人公の女の子の声があゆに似てて。

あゆは地元がいっしょだし、彼氏もできずに陰気な気分で大学生活を送っていた1999年なんて、あゆの全盛期でしょ。大学で初めてできた友達が、「あゆ、あゆ」って言ってたけど、心でふん、って感じだった。安室ちゃんのほうがかっこいい、ってつい数時間前まで思っていました。

が、

ドラマで松浦さんが言います。

「俺は神じゃないが、神の声は聞こえる」

「俺を選んだのも、お前を選んだのも俺じゃない。神様だ」

「俺を信じろ」

えーーーーーーーーーーー、松浦さんが、そんなことを言うのね。

私が信じている言葉を言う人が、あゆを原石だと見つけて、恋愛はすべての力になる、「自分を信じる」を胸に突き進んでいく話。

あゆの歌詞はすべて、M氏との事実から作られた。

気づけば、仕事中も、家事をしていても、おふろでもあゆの歌を口ずさんでいる。

第三話、むふふふふ。

わたしはkindleで読んだよ、もうすぐに読みたかったからね。

今なら471円!