926エンジェルナンバーに生まれた奇跡。

ゴロあわせとかエンジェルナンバーがけっこう好きでさ。宇宙理論、気にしはじめてから、よく見るようにもなって。

娘が夜中に起きて、おむつを変えたり、だっこしたり、「おうおう、いま、何時だよ?」とスマホを見たら、444、333、505は、もう驚かない。「あ、天使さん、ありがとう」て気持ちかな。さて、寝よ、みたいな。

すこし驚いたときは、スマホで検索。ほうほう、とありがたみを余計に感じて眠りにつく。でね、でね、エンジェルナンバーってさ、7777とかさ、ゴロが揃った数字だと思ってたわけさ。ちがうんだなぁ、これが。

調べ尽くして、調べる数字がなくなって、なんとなく誕生日で検索。

あなたの聖なる目的に必要なものはすべて、今も、これからも、もたらされると信じていてください。

 

信じる心が、スピリットがあなたに物質的なサポートを運ぶ扉を開くのです

 

ほぉ! うれしいような、なんとな。占いや宇宙や、目に見えないものが好きなのは、このせいか。日光東照宮。宮島。7年前に登った富士山。小さい頃に行った東京タワー。ゴールデンウィークに旦那さんと登ったスカイツリー。

クリスマスに泊まったホテルの窓から見下ろした小さな神社が、どうしてもどうしても気になって。瀬織津姫が祀られてた。翌月、日光東照宮の帰りにまた行くことになって。

不思議なご縁。ここまで書くと書きたいことがどんどんでてくるね。不思議だわ、不思議な世界。つじつまが合うことを探すから、おかしな死んだような目になるんだよね。不思議な世界。頭で考えると、頭がおかしくなりそう。

今度は九頭竜大社に呼ばれて。誕生日がそれだと知った。気づいた。そう思うことにした。春分の日。